ファーストフードの接客業アルバイト 2015年1月12日

私が初めて経験した仕事が、そのお店での接客業アルバイトでした。
チェーン店であるそこのお店では、紙袋の置き方から、言葉使いまでの全ての事にマニュアルがあり、最初のうちはそのマニュアルを覚える事でいっぱいいっぱいでした。
しかし、よくよく考えてみると、そのマニュアルには全て意味があり、作業がしやすいように工夫されているのでした。
考えてみれば、当然なのですが、その当時の私には衝撃的でした。
それからと言うもの、このマニュアルにはどんな意味があるのかを考えるようになりました。
意味を知っては関心し、感動しました。
必然的にアルバイト以外の私生活ででも、色んな事の意味や役割を考えるようにもなりました。

アルバイト業務での楽しみができた私は、アルバイト仲間とも仲良くなりました。
何だか部活動のように結束ができた仲間と忙しい業務をこなすことが、一種のゲーム感覚という感じです。
仕事を遊びと考える事は良くない印象はありますが、ルールを守ったうえでの、きちんと評価されることを楽しむ遊び、または、目標に全力で取り組むという遊びのような感じです。
厳しいルールでさえ楽しみに変えられていました。
これってすごい事ですよね。

それから、今は違う仕事をしていますが、その時のバイト仲間とは今でも親しくしていますし、何でも相談できる、大切な友人です。
そして、私が産まれて初めて経験した仕事がどこよりも厳しいそのお店を選んだ事が私の大きな強みになっている事は間違いないと思っています。

Comments (0)
Categories: 未分類