おまとめローンをした友人が引っ越した理由は何? 2016年10月3日

おまとめローンを申し込んだ人は、借金が多すぎて返しきれなくなった人です。単に借入先が多すぎて面倒だと言うだけであれば、総量規制の範囲内で決着がつくのであえておまとめローンを使う必要はないのです。おまとめローンを借りたという事は、それなりに借金が多くて返済に窮していたことを意味します。しかし、おまとめローンを返済することは簡単ではありません。なにしろ今までは、お金が足らなくなったらキャッシングすればいいやと考えていた人が、キャッシングできなくなるのです。
リボ払い 利息
この場合、家計の見直しが一番大切です。そのため、ある程度資金的に余裕がある人は引っ越しをします。実家に戻ることで家賃がかなり安上がりになりますし、今までより家賃が安いアパートに引っ越せば支払の負担は減ります。引越しをするためには、引っ越し代がかかりますし、次のアパートへの入居費用もかかります。たたでさえお金がなく、キャッシングもできないというのにそのような資金をねん出するのは大変ですが、高いアパートから引っ越すことは家計の見直しに非常に効果があることも事実です。
引っ越しをすることで家賃を減らした人は、資金的な余裕ができるためおまとめローンの返済がスムーズに進むことが多いです。おまとめローンは貸倒が多くて、実際に商品化している金融機関は少ないのですが、その理由が利用者の資金ショートによるものです。生活を見直さないまま、追加のキャッシングができないおまとめローンを始めたらお金が足らなくなるのは当然です。そして、別の消費者金融に借入れをしたり、闇金に手を出して、生活が破たんしていくのです。こうなると対処の方法はなく、自己破産等の法的手続を取るしかありません。


Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です