自己破産をすると個人信用情報にどのように載りますか? 2016年11月14日

“一昔前では、貸金業者からお金を借り入れすると言うのは敷居が高く、家族や友人にお金を貸して貰えない場合に、仕方無く借り入れするという人が多いものでした。ですが最近では、カードローンやキャッシングといった形で、多くの人が手軽に利用出来る様になっています。お陰でサラリーマンやOLでも、生活費の穴埋めや買い物を行う時等に、気軽に活用しています。
ですがそんな風に業者からの借り入れが手軽になった事で、問題も生じています。それは借金をしているという意識が薄れ、自分の口座からお金を引き出す様な感覚になってしまう人が少なくない事です。その結果、借金の総額が膨らんでしまい、返済不能に陥ってしまうのです。
そういった事態の際には、出来るだけ早く法律事務所に行き、借金問題を相談すべきです。上手く行けば、債務整理により何とか返済して行く道を模索して貰えます。ですが中には既に返済不可であり、借金問題解決のための、最終手段である自己破産するしか道がないという人もいたりします。
リボ払いが危険な理由の1つは金利が高すぎるです
もっとも自己破産と言うと、借金が帳消しになるから有難い、と軽く考える人もいます。ですが、返済の義務を免除されるというメリットがある一方、高価な財産を没収されるというデメリットもあります。というのも自己破産してしまうと、99万円以上の現金と時価20万円以上の物を没収されてしまうのです。
更に借り入れたお金を返済するという義務を怠った事で、個人信用情報に事故情報として登録されてしまいます。お陰でその事故情報が登録され続ける、5年から10年の間は、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作成する事は不可能です。”


Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です