着物のモデル 2014年9月17日

好きな着物を好きなだけ着ることができるのはモデルだからこそ!
着物なんて毎日着れるものじゃないし、でも女の子だからかわいいものはだいすきだし、綺麗なものもだいすき。

モデルをしていた時は学生だったので、そうそう気軽に買えるものではなかったけれど、着れば気分は上がるし、不思議と自分の表情や言葉が柔和になるような感じがしました。

写真を撮られ慣れていなくて、カメラを向けられるとはじめはすごく緊張してしまって、
雑誌のモデルさんのような可愛らしい表情がなかなかできませんでした。可愛らしい表情ができない、というのがモデルのお仕事の時の最大の悩みでした(笑)

でもなんだかんだ言って、すっごく楽しいんです。
普段着物を着るなら絶対やらないことができるんです。伊達襟を何枚も重ねて派手に仕上げたり、帯を二本使って後ろ姿にこだわってみたり、大きな花飾りを何個もつけたり…
自分で同じ格好をすれば正直高くつくし、どこに着て行くの?って感じがしちゃうけど、モデルなら気後れすることなく存分に「かわいい!」って思える格好ができます。
しかもいつも新作や入荷したての物を一番に着せてもらえちゃうんです。
今年の浴衣の傾向はこんなかんじなんだ、帯はこんな色合わせが流行ってきているんだな、最近の下駄はこんな風に絵が入るんだな、など流行りに敏感になります。敏感になるからこそ、一味違う色合いやひとくせある柄の入りなどにも気づきやすく、被ることもなく割と浴衣をはじめ、和服姿だけは不思議と自信が持てていました。

いつも新しい発見に出会える撮影は次第にワクワクするすてきな時間になっていました。


Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です